FC2ブログ

7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

あのカーライルがねぇ~ 

今日はランチで朝日新聞を読んだ。
今日は1面から大した記事も無かったが..
数枚めくったところに、カーライルが日本で頑張ってるという記事を発見。

カーライルつったら... ブッシュが大きくしたことで有名なあれじゃないか。

帰ってきて、一応検索してもたら... ネットでも出てる。
米投資ファンド・カーライル 「日本的」手法で10年 ---Asahi.com

・当該国の企業文化
・現場に声を傾ける

ハゲタカはどうやら1歩先へ進んだようだ。
さらに注目すべきなのが、中規模企業ってことだ。
現在の日本の投資先として、もっとも魅力的な部分に違いない。

日本法人は日本人スタッフで.. 元官僚さんたちなんかもいるらしい。
彼らは、リスクマネーを供給しなければならないこと。
そんな資金が一番生きる部分はどこか。
・・を知っているんだろう。


大規模メーカーは国外。→雇用は生まないが、お金は持って帰ってくる。→引き続き国内市場に魅力はないので.. 広告には流れない。私たちももう、広告には煽られない。→なのでお金が流れる先は、給与とサービス業。→いずれ貿易収支は逆転し、輸出メーカーにより優しい時代がくる。

これが自然な流れだ。
大企業が世界中でお買いものをするのも、中企業がリスクマネーで成長するのも、日本株はプラス。
恩恵にあずかるためには、株式投資を増やしてかなきゃならない。
日本株が買われていた理由が、為替や金利にあるとしたら.. そんなものはもう忘れるよりない。上記のような本質的な事情で上がって行くのが、自然な成長だ。
それと、ただでさえがんじがらめな雇用を.. 引き続き強化していこうと言うのなら、まったく先は見えない。一層現実を捻じ曲げて行くだけだ。
その現象は、私が子どもの頃には主流だった“根性論”に近いものがある。

給与への配分も、サービス産業の発展も.. 雇用政策が握っている。
企業は、雇えないというのに無理やり雇わされ.. 派遣やパートは「どうせ自分たちなどろくな扱いじゃあない」と言うが、現実は正社員に比べればかなり“お客さん”待遇だ。

この時点から雇用を強化するくらいならば、何度も言っているように.. その前に大学を改造すべき。
多くの並大学は.. 半分遊んでいる。その先の責任は国にあるというんだから..。そして今現状で教わっている内容をそのまま必要なのは学者自身しかいない。院生もかなり余っているというし、そもそもそうなるしかない内容しか教えていない。そして成績が重要なのは、官僚と銀行員しかいない。

ただでさえ削って削って効率的になっている企業や家計.. そんなものの骨まで削るぐらいなら、贅肉だらけのところに手を入れなければならない。

不整脈の原因はそのように日本国内と、あとは近隣中国がある。国内は自力で何とかなるとして.. 中国はどうにもできない。人民元絡みの通貨対策は、10年くらいは見越して今から手を打っていかなければならない。


スポンサーサイト
CM: 1
TB: 0

コメント

建設会社も変わってきたのかな?
http://www.asahi.com/national/update/0823/NGY201008230016.html

お役所は相変わらずみたいですけど。。。

27 #- | URL | 2010/08/25 23:27 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/542-206fe466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。