7年経ちました

55政党というブログからの

中小企業融資は加速しているらしい 

SAPIOを買った。

SAPIO (サピオ) 2010年 9/29号 [雑誌]
SAPIO (サピオ) 2010年 9/29号 [雑誌]
小学館 2010-09-08
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star追撃篇は今回で一段落のようです
star濃密度、今回は大満足
star小林よしのり、遂に皇位傍系継承を認める!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この警察特集が大変面白かったんだが.. それは後程ふれる。
この中に出てるんだが、地銀が中小企業の融資を進めても、都銀があと乗っかりでかっさらっていくんだそうだ。
地銀が種を植え芽を出させ、これから収穫という段になって、メガバンクが入ってくる。
確かにこれはなんとかしなきゃとは思うが...

そもそも、55でこのところ無暗に主張している中小企業融資は、企業はとっくに手を出しているということ。
そして、海外投資・買収も、とっくに民間は強化している。

つまり、政治が何もしなくても... 民間はしっかり戦略的にやっているということだ。

となると、あとは池田さんが主張する負の所得税かBI
所得を「逆分配」する国 ---BLOGOS

大前さんの主張する高度リサイクル国家の実現
レアアース問題に見る政府のお粗末な交渉力 ---日経BP

そしてSAPIO陣営もみんなの党も主張する公務員(公機関)の大幅削減をやっていけば... 経済と社会保障・財政再建は粗方OKっつうことになる。


これじゃあ... 政治は、既得権益保護に群がるメカニズムでしかないじゃないか!!!

警察組織は拡大している。10数年前は11万人→今は27万人だそうだ。
しかも、機械・ハイテク系もどんどん増えてるし、警備産業は政治のおかげで猛烈に拡大した。

また55で主張している教育.. 増えてはいないのかもしれないが、子供の数を考えれば.. 規模横ばいでも十分に増えていると言える。
そして教育には塾がある。

このメカニズム... 公機関と民間産業の連携によるパイの拡大は、とても似ている。
そして、この分野は引き続き保護されている。強化で構わない路線で進んでいる。
まあ、教育が強化されていくこと自体は問題ないが・・ 予算を流すことだけが問われるのはおかしい。
重要なのは、社会への役割と、教育の内容・質だ。



何かおかしいと思わないか?
まずは、メディアに立ち上がってもらいたい。
大衆は、みなアホになってるんじゃなく、多極化している。
思っているより多くの人が、支持してくれるだろう。


SAPIOは紙面を会社に置いてきてしまった。
なので細部は後日だが・・ 確かテレビでも見かける大谷さんだったと思う。
国家財政については、かなり深刻な様子が伝わるものだった。
「警察拡大は、私たちメディアにも責任がある」とも言っていた。

そして、英キャメロンさんの「大きい政府ではなく大きい社会へ」も取り上げていた。



よく考えることだ。
今日ここで触れていることは... ほっとんど政治・行政が成したことではない。
すべて政治・行政以外のセクションが考えだし、行動していることだ。

政治・行政メカニズムは、いよいよ既得権益保護メカニズムでしかなくなってきている。
そしてそれは民主に限ったことではない。
「円高対策で公共工事」っていう... わけのわからないことを平気で言う最大野党も同じことだ。
※もちろん、つながらないことはない。経済なんで。しかし、それは全体の数値が維持できさえすればいい人の発想だ。


また、振興銀破たん関連で、読売の記事は「竹中平蔵さんの責任は逃れない」などと言っている。
“責任”の“せ”の字も分かっていない。というか.. つまりはそこに持ってきたいだけなんだと分かる。

「金儲けはそんなにいけないことですか?」じゃないんだよ、問題は。
何主義だろうと... 結局は“正しい手段を用いること”が重要なんだ。
そして、そこを問うているのが、ミルトン・フリードマンだ。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/557-4eff7c23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top