7年経ちました

55政党というブログからの

ニコ生『検証・ライブドア事件』 

小沢さん問題で、初めて検察に疑問を感じた私...
今日の朝は、田原さんがニコ生でやってた『検証・ライブドア事件』という番組の録画が通常のニコ動でUPされてたんで、それを見てみた。(今一度行ったが... もうその動画はなかった。)



プレミアム会員代払って、再度観ているんだが..
観れるのは1回きりだそうで、さらに録画はできない。
結局得られたものは... 上のリンク。
動画埋め込みだが、結局はこれじゃあ“終了アイコン”だ。
「そんなものがあった」ということのみ。

それでも埋めておこう。


私は.. 少し反省している。
55ではホリエモンはどっちかというと批判していた。
「ろくな事業をしていない人が、ロクでもないことで捕まっている。」 ・・それ以上の興味もなく、それで解決済みとしていた。


何というか...
小沢さんの件のように、ここまで露骨に平然とやってのける世界だとは.. いくらなんでも思っていなかったんで、「グレーをグレーで終わらせない」程度かと思っていたんだ。今まで。

ホリエモンの件も..
これは犯罪だね、検察。

参加者は、
【AERAの大鹿靖明さん】
n_oosika.jpg

【会計評論家 細野祐二さん】
n_hosono.jpg

【ホリエモン裁判の弁護士 弘中惇一郎さん】
n_hironaka.jpg

【元検事で今弁護士 郷原信郎さん】
n_gohara.jpg

司会は、田原さん。
n_tawara.jpg


ホリエモン事件の罪の内容は、『子会社の自社株売却利益は親会社はそのまんま売上で計上してはダメで、資本利益という項目に仕訳けるべき』という... 会計上の仕訳の問題。

ライブドアの決算には、単に利益だろうと資本利益だろうと... 当期の利益として計上されている。

これを、社長が知らないはずがない!というのが罪だ。



信じられない....
何だこれ!!


番組を見ていけば分かるのだが...
検察も当初は、「もっと何かあるに違いない!」という感じで進めていたらしい。
ところが、出ない。

相手を極悪人と決め付けた上でならば.. 「捕まえてやりたいけど、これしか出なかった」となる。
しかし、相手を極悪人と事前に決めつけてなければ... これはとんでもない犯罪だ。検察の。

しかも、この会計上の処理は、ライブドアが摘発されるほんの2年ぐらい前から始まった会計処理だそうで.. つまりは数年前までは普通に行われていたもの。
そしてそのような会計処理など.. ホリエモンが「知らないはずがない」わけがない。知っててもおかしくは無いが.. 当然知らなくても普通だ。

ホリエモン自身はあとから登場する。
その際にも、「自社株売却で随分利益が出ます」とは聞かされていたそうだが.. そのような帳簿上の処理をわざわざ指示する理由などどこにもない。



これがメインディッシュの主論。
話はそこに留まらない。

捜査の過程で、宮内氏と野口氏(自殺した)が共謀して会社のカネを4億抜き、2人で香港で投資してることが発覚。こっちは、完全にアウトだ。
ところが.. ここには目をつぶってまで、ホリエモン有罪に向けた捜査が実行されている。

なので番組的には.. この件をネタに、ホリエモンに不利な供述を引き出そうとしたのではないか?としている。


このメンバーにとって、どうやら検察はそういうことをする組織だということは当たり前のように話しが進んでいる。郷原さんは元検事なんで、その辺を聞かれ... ある程度絵を描き、ターゲットを絞って突き進んでいく。そしてそのターゲットを落とすためにはある程度それに近い状態だったようだ。途中で様子が違ってきても、めったにその絵図を軌道修正することはないらしい。「僕はマシなほうだった。」と言ってるが。

また、この参加メンバーの中の細野さん。会計評論家ということになっているが、そもそもは会計事務所の人で、シロアリで何かと煙たがられたCat'sの会計監査の責任者だったらしい。
Cat’sの粉飾決算では、無理やり監査法人側に指示されたことにされたそうだよ。
確かに、当時のキャッツは営業手法がかなり問題だったように記憶している。
少なくない一般市民が「キャッツに騙されないように..」って感じでディフェンスを張っていた。


私のような.. 何の情報もない一般市民にとって、このようなインチキ捜査は.. 裏に何かとても政治的な陰謀を感じているんだが、その前に、まずは○○に違いない!という先入観や決めつけ... これらが多くを動かしているんだと分かった。

決めつけてるサイドからすりゃあ.. そりゃあ何を言っても言い逃れ・言い訳にしか聞こえないだろう。
ところが、実際はこれじゃあ... いくらなんでも酷過ぎる。


郵便不正事件絡みでは、そのような気配をどうやら民主党議員と絡めたかったらしいことが伺える。
FD改ざんなんちゃらどころではない。
検察は、石井一議員と倉沢なる人物とが接していないことを事前に分かっていながら... 調べていないフリをしたんだ。



これから先も... 大手メディアは引き続きそうやって生きていくんだろうか。
昨日の上杉さんの件で明らかだ。
メディアは.. 検察権力こそ監視する対象としなければならない。

恐らく、通常そのような権力を振りかざすのは政治家であろう。
しかし、現代は存在意義を失った多くの喚き屋が世論を利用している。
そしてそのような政治家より、一層深刻な重罪を重ねているのが今の検察だ。

55政党的には、そこを官僚と拡大解釈してもいいぐらいだが.. 彼らは権力というより国家そのものなんで、やや趣が違う。

メディアが行政の操り人形を脱出する...
そのことこそが、真の民主主義のスタートラインに違いない。

そして人の言葉の上げ足をとって、「傷ついた」とか「差別だ!」とか批判してきた側の人々... そんな人らは、ホントに人を決めつけで断罪していないのだろうか?
この件を知って、一体どう思っているんだろう。

新聞は、大衆には響かない。
その記事を取り上げるテレビが問題だ。
テレビは完全に、何かしらのバリアで守られている。
その包囲網の突破から始めていこうよ。

最後に、Youtubeで小沢さん関連の事実を訴える方の動画を発見したので貼っておく。
このアカウントでは4本の動画をUPしているが、いずれもそれ関連なようだ。




スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/584-247ce7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top