7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

失敗することで成長するというより 

日経BPで上がっている記事が目に入った。
第4回 失敗することで、人前力は成長する ---山本 秀行さん


55政党はこっち方面を今までさんざんやってきた。
そして私は、中学の時に"shy"という単語を教わるときに「このクラスでは○○くんのような・・」と1人名指しで言われるほどのシャイBoyだった。
なので記事内にも十分に同感させられる部分もあった。

成長は、葛藤の後にセットで付いてくるもので、厳密には失敗が成長を連れてくるわけではない。
そしてこのようにビジネスハウツーにすると、それは成長というより、知識を増やすことにしかならず、それはビジネスとして重要な『万全な準備をする』という習慣的指針にしかならない。
そして結び近くに、失敗を恐れる方面があるが、今どきの若手層というのは... 失敗を恐れてるというよりも「大事な場面で、初心者である私を使ってしまっていいのか?」ということを危惧しているだけなパターンも結構あるものだ。
今どきの若手層というのは、「失敗はいいことだ。」と言えば、むしろ平気で失敗したりする。
重要なのは、葛藤にあるんだ。あくまでも成功させなきゃならない。



まあ.. この方の意見の批判をしたいんじゃなく、55政党はあくまでも政治を考えている。

現代のように.. 
葛藤を遠ざける傾向、それが人間の成長を阻害している。
但し、葛藤は同時に... 人を捻じ曲げもする。

重要なのは、結局その葛藤と向き合い改善しようとする意志であり、その源泉こそが、ここで主張しているまともな人間性にある。

小さいころは、当人なりに大きくても、傍から見れば小さい... そんな細々とした葛藤が存在する。
それは当人の身体的成長に伴って大きくなっていき、場合によっては自ら命を絶つほどの大きさに達するだろう。


葛藤に向き合おうとする源泉.. それは小さいころから当人なりに積み重ねていった成功体験がある。
小さいころから葛藤を遠ざけて育てられたり、もしくは自分で克服したと思えない克服を重ねていたりすると、将来自分で処理するより選択肢がなさそうな場面でいきなりデビュー戦となってしまう。

それでも向き合おうとする強い意思や目的が存在する場合もあろうが、向き合おうと思える選択肢が存在しているかどうか?のほうが現実には重要だ。

※自覚できるよりも前の段階の葛藤が、人間として当たり前の社会性を身につけさせている。『自と他を別ける。』『思い通りにはならない。』『相手によって人は違う。』など。


初恋というものは、多くの人に強烈な葛藤をもたらすだろう.. そしていい歳になって初めてそのような心情を体験する人もいる。
そして驚くことに... 次の一戦は、「あの時のときめきが来ない!」に違いない。それを“想いの深さ”と勘違いする人もいるが、そのように心的葛藤のデビュー戦というのは、猛烈なものなんだ。

身体的にまだ成長段階にある年代で葛藤を遠ざけることは、決して望ましい方針ではない。
アブノーマル量産計画のようなものだ。



最後に余談だが、自殺を減らすには... 縦のつながり、そして横のつながり。
社会に存在する自分の居場所というか在り場所があることも重要だ。
自分の命が自分一人のものではないことを実感できる環境。
自分にとって、何一つ当たり障りのない快適な親... それは“繋がってない”という。

生きていても下らない世界。
いや、自分ひとりの命ではないんだ。自分が生きることで、生かされる人もいる。
葛藤を遠ざけ、コミュニケーションが希薄になっていく現代ニッポンでは、もうしばらく難題であり続けるだろう。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/593-c974ecef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。