7年経ちました

55政党というブログからの

差別反対運動の姿勢 

55政党では当初から、差別!差別!とわめく方々を批判している。
そもそもこのブログが加速したのは、柳沢厚生大臣の発言からだ。

「それを聞いて傷つく人もいるんだ。」とか何とか言うけども、そもそも参加層の限られた政治の場であったり、有名人などがどっかの興行でしゃべったことだったり... そのようなマニアックな場でなされた発言で「傷ついた」などと思う人間などろくにいない。
(これはそのような発言を肯定するための話しではない。なので冷静に続きを考えて欲しい。)

多くの人に、そのような“誰かが傷つく発言”を持ち込むのは、メディアや大声でわめく方々だ。
その話題に注目をさせ、そしてある方向に強く意識させ.. 一人でも多く犠牲者を出す活動をしているのは、それを反対する側の人間によって行われる。


そう... 55政党がガマンならないのは、そのようなことをさも善人側かのように大声でわめく側こそが、一番に被害者を増やす活動をしているという客観的な事実にある。

差別方面を反対して回っている方々の正しい姿勢とはつまり、そのような発言を知ったならば、静かにひっそりとその対象者に抗議を申し入れることになる。


そうなってくるとつまり、そのようなことを声高に主張しているような人間の悪質性が浮き彫りになろう。
ここで言っていることは、まぎれもなく冷静な判断。

観念的な発想しか持ち合わせていない偽善者には、きっと理解できないだろう。
「まあ、確かにそうですけど・・」などと思うに違いない。
納得しないのならば、「誰かが傷ついている」という理由での批判は取り下げなければならなくなる。
だってそうでしょう... より多くの人を傷つけているのは、その話題を争点化させたり、広めたりしている側なんだから。


わめくことで食い扶持を得ているような方々は仕方がない。
それは恐喝の一種でしかないが、そこに組する国民もまた、国民であるから。

そうではなく、さももっともらしいことを言う側、そしてメディア... このようなセクションはそうはいかない。
そのような運動に乗せられている鴨大衆同志は、気づかなければいけない。
話題に乗っける・・ その行為者こそが一番に悪質だと。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/596-ab384325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top