7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

『日本中枢の崩壊』古賀茂明 

日本中枢の崩壊日本中枢の崩壊
古賀 茂明

講談社 2011-05-20
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



まだまだ読み途中だが..
どうしても触れておきたいことがある。

私のような、大した学歴もなければ、現在も至って平凡な専門分野中小企業で営業職をしている身であっても..
官僚さんの意見と大して変わらないという事実。

いや、これは著者さんを残念に思っている話しでもなければ、この本の価値を低く感じた話しでもない。


つまりは、『ただの一般大衆にさえ分かっている』ということ。
そんなことを直せないで政治もクソもない。



一部抜粋する。著者が意味不明な地方の中小企業巡回出張から戻ってきて、官房長に提出した報告書について。

・国の機関が中小企業政策を担う事の限界
・中小企業政策は予算と権限ごと県に移管することが効率的だ
・弱者保護の政策は直ちにやめて労働移動の円滑化対策だけに絞るべき
・モデル事業的なものは全廃して、ベンチャー支援の税制とミドルリスクミドルリターンの企業金融だけに絞る事にしてはどうか。
・淘汰を促進するという明確な意思を持った政策に転換していくことが重要。



私は、政治経済などロクに教わった覚えはない。
それどころか私の居た大学は、マルクスとケインズしか出てこない上に、必須はむしろ簡単に単位が取れるようになっていたんで、政治経済学部なのにむしろ政治経済は何も覚えていない。

長年そのことに従事し、官僚として最前線で戦ってきた人の意見が、一般大衆の理解できるところまで明快になってきているという事実。

もうあとは全て、政治の責任だということになる。

但し、ここでは..
政治の惨状の原因を、私たち一人一人にまで落としこんで考えているので...
そんな議論をより活発化させることが出来る権力の改革こそが一丁目一番地になる、と捕えているために、メディア関連の意見が多くなっている。


官僚-政治 間の思惑や立ち位置、官僚個々、そして政治家個々が大変に良く分かる本。





スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/621-6d8733ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。