7年経ちました

55政党というブログからの

行政の手法について 

まず最初に、先日の民放キー局5社が有料VODサービスというニュースだが..

これもそのこと自体が本来の目的であるとは到底思い得ないお粗末な話し。
『過去の放送から現在につなげる』『テレビの価値向上』とか、これが本気ならば、どうしようもない。
夢も希望も未来もない方々。

中身が酷いから見ないわけなのに、まるで新規事業が「もっと知ってもらいたい!」とアピールしているかの内容。
いくらキー局及び電通が凋落しているからといって、いくらなんでもそこまで酷い発想ではないだろう。
つまりは、これは本来別の目的をもった“何か”なんだろう。




さて、行政の手法について。
ここでは似たようなことを以前から取り上げてきている。

現在、行政の手法は法律を事細かに規定して、行政府はそれに則って行政していく。
一見当たり前な話しではあるが.. そもそもこの方法に疑問を感じている。

法制化に伴ってそこには本来の目的が備わっている。
『このような悪質な行為を減らしたい』『あのような危険な状況を回避したい』等。

ところが、現状の行政手法では..
何をどう頑張ろうが、大して悪質ではない部分にしか対応が取れない。
最も排除すべき部分は、常に法の目を逃れ生き残っていく。

私たちは、行政府に行政を委託している。
当該法について、本来の目的が備わっている以上.. そっから先は行政の判断で適用して行ってもらって構わないわけだ。

その網の目を逃れる・裏から手を回す・不平等性訴えるなど..
行政上処分を回避する方々こそが悪質なんであって、一番に捉えるべき層を捉えないで.. 何の行政もあったものではない。

つまり、立法で「このようにしていこう!」と決まったならば、あとは行政府のお手並み拝見で良いわけなのだ。
『行政が意思を持ってはいけない』わけがない。
このような手法は、・後ろから手を回しうる権力が存在すること ・行政府自身が責任を回避すること から派生しているひとつの方法でしかなく、「法律で決められたからそうするよりありません」などといった姿勢は、変更可能な事項であるハズ。

あそこの役所はこういう問題を回避している。
あそこの担当官はジャッジに問題がある。


市民の政治参加層が増え、指導者層のレベルが低下し、情報共有が進んでいる現代...
このような本来行政府が果たすべき役割に見合う形にしてくことはとても有意義だ。

いや、行政府の恣意的活用が増える!といったような意見もあろう。
ところが実際は、今でも十分に行政府の意思は存在する。
ある法律が生きるか死ぬかは、行政府のさじ加減ひとつに懸かっている。

そして、そのようなお代官様を私らが本業でジャッジ出来ることは、行政府従事者にとってもよりよい事象。

そしてこれを実現するには、司法の強化も急務となる。
行政府が独自の判断をする以上、最終的な決着は司法で付けてもらわなければならないからだ。



現代は、そこもかしこも『本業をおろそかにする』時代。
“業”だけではなく、本来存在する目的をおろそかにしている。
三権部立の構造は、恐らく日本ではもともと変則的なカタチで成り立っていたのであろう。
しかし、このようにそこもかしこもお粗末な現在こそ..
その変則的な部分も修正していければいい。

スポンサーサイト
CM: 7
TB: 0

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2012/11/16 06:23 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2013/01/21 14:44 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/07/29 08:50 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/08/06 13:32 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/08/07 05:14 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/08/08 07:15 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/08/21 09:34 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/623-05c5f0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top