7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

CMクオリティとドラマクオリティ 

そういえば先週の土曜はドラマを2つ見た。
Mr.BRAIN
ザ・クイズショウ

私がガッツリとドラマを見た記憶があるのは、『やまとなでしこ』が最後だった気がする。が、ちょこちょことといろいろ見てはいる。
そして『のだめ』や『ガリレオ』ほか後から全部借りて見ていることが多いようだ。
キムタクものも結構見ている。


そのように見てきて思うのは... この土曜に見たドラマ2つ、果たしてこんなでいいんだろうか?と思うほどに残念なものだった。

まず『Mr.BRAIN』なんだが、キムタクはリアリティの中にのみ生きる役者だろう。このように科警研や脳科学の素晴らしさやトリック的なものを心情やリアリティを無視して表現したいのであれば、まさにもっとガリレオちっくに、そして役者も阿部ちゃんとか堤真一のように舞台っぽい感じのほうが合ってるだろう。

そして『ザ・クイズショウ』... こちらも、どうやら心情や葛藤を描きたいハズの内容になっているのに、そういう部分のリアルは全然表せていない。それを重視したいのにそれを表現できないんじゃあ... いくらなんでもだ。


ここのところのドラマとは、こんななんだろうか...。それともこの2つはジャニーズ優先ってだけであとはどうでもいい感じなんだろうか...。
そんなドラマとは対照に、CMの素晴らしさは目を見張る。
例えば、明治製菓の“人生がラブストーリーでありますように・・”なんて素晴らしい。



このような世界は、母が子に弟について良く話し聞かせ、そしてお父さんも含めて皆がワクワクしながら誕生を待っている環境であることがとてもよくうかがい知れる。お兄ちゃんが葛藤するのは弟が生まれてからで、この時点でこういう状態であるのは全くあり得ることだし、そのお迎えをする準備環境としてとても素晴らしい状態だ。それをお兄ちゃんの心情から映し出しているところが大変に素晴らしいと感じた。

もちろん、これだけじゃない。まずはクオリティの高さに感心するものが多い。
上記ドラマについては、そのクオリティの低さにがっかりするわけだ。桜井君の演技が微妙だったりする面はあろうが、それ以前の問題だろう。何故、そう写す?、何故今場面を変える?何故アップを写す?.... 意味不明な場面ばかりだ。わざわざそれをするということは、きっと何かを表現したいんだろうが・・ それが、いやその多くが意味不明だ。
こんなことは、まさにクオリティの問題だろう。つまり、もし制約が多いとしても、もっと出来ることはあるんじゃないかととても感じさせられるものだった。



非常に限られた範囲(私が気まぐれに見た範囲)ではあるが、CMとドラマのクオリティの差があまりに大きすぎる部分がとても納得いかない感じだ。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/68-915895fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。