55政党

[ 何を選ぶのか.. どうやって選ぶのか..   いや、それ以前に選ぶことができないことが問題だ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

問題は先約束主義にあるんだ

自由主義陣営の多くは、年功序列を問題の発信源のように解釈しているが・・
そこを変えようというのは、多くの矛盾を含み、大変に歪んだ制度を連れてくる。

公務員制度改革は「入省年次」の廃止から ---アゴラ(池田信夫さん)

そこをどういじろうと・・ 先輩に教わり、そして先輩が上司である以上、ある程度年次通りになることは避けられようがない。
そして重要なことは、“能力や実力があるから仕事が上手くいく”のではなく、“仕事を上手くこなした人が能力・実力がある”んであって・・・
この順番が逆な発想こそ多くの問題の震源地であろう。

組織には、自分ひとりでやることが得意な人がいれば、人を動かすことが得意な人もいる。
また与えられたミンション自体を変質させて難を逃れる人もいれば、より本質的な問題提示や枠を超えた連携によって無茶なミッションをより実りあるものにする人もいる。
能力があるということで、今最高にアツい部署に配属されたとして、程なくその部署自体がアツくなくなってしまった。そしてその人は忘れられた部署と一緒に埋もれてしまうようなことなど本当はよくあることだ。そうであってもその人は“能力がある”というのだからきっとまた這い上がってくるのだろう。
それとも、制度のせいで這い上がってこれないというのならば・・ 能力とは一体何だという話しになる。
「お前はやれる男だ。」となったところで、それを点数化し次回の人事に役立てるというのか?
そしてその人に任せた上司の点数も上げてあげればいいのか?
問題の処理能力が高い方がいいのか?ホントは問題なのに、それを穏便に処理すると評価が上がるのか?


人事というのは、下が腐っていようと何だろうと・・ 結局は上からの引っ張り力が大事なんであり、つまりは人事に問題があると思われる組織は常に、上層部自体に問題があると考えなければならない。
年功序列が問題なんではなく、望ましくない人が上層部に居続けること自体が問題だ。
そして多くの場合、“その組織から利益をもらうとするスタッフ”が“その組織から何かを生み出そうとするスタッフ”よりも上回った時点で、その組織はもう手がつけられない。
組織形態や組織の役割を変えるようしょうがない場合が多いんだ。


公務員人事の突破口は、年功序列ではなく、試験&新卒採用にこそ問題があろう。
ここを壊すことは難しいことではない。
“一部職種を除き、社会人経験を○年以上積んだ40歳以上の人が試験によって採用される。”というような形にすればいいだろう。
そうすれば官僚クラス(国家Ⅰ種クラス)でも、役人が描く秩序から社会を学ぶのではなく、実社会から社会を学べる。※Ⅰ種やⅡ種といったような括りが必要なのであれば。
そして、40歳以上からの入省であれば、年功序列もクソもない。
そして特定分野に従事してきたなら、そこの分野採用であればより実りが大きい。ヒモを付けてきてしまい易いが、それは見えている分制度で対処しやすい。


年功序列絡みの震源地は、学歴や資格→新卒採用という秩序(先約束主義)にある。
日本では、大学に研究予算を流されても、社会に役立つような研究はできないそうなんだ。
であれば、学歴発行機関を中心にした秩序に何のメリットもない。
ちなみに、裁判官や弁護士や教師も、下年齢制限と社会経験が必要だ。
公的機関は、就職口のために存在するのではない。社会に必要だから存在する。

  1. 2009/09/12(土) 13:33:58|
  2. 自由主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

積み上げてきたこと

このブログは、私のような一般市民が、社会政治を考えていくこと自体にある。
55政党にて積み上げてきた事項を列記し、以降の方向性の参考になればと思う。

●「投資家-事業者-消費者」という経済生活の三権分立が正しい目安だ。
●「見張り且つ信じる」という関係性及び社会システムこそが重要であり、そのような社会を作り上げることがコミュニティとしての価値だ。
●目的のために手段を選ばないことが「悪」であり、その他から持ってきた善悪の目安はそれに優先しない。
●アイデンティティ(エリクソン的)は大変に重要な(獲得すべき)性質だ。
●自由主義(ハイエク的)はイデオロギーではない。
●世襲や政治献金など大した問題ではない(問題ですらない)。
●「安全・安心」は、人類という動物種として求められる姿勢であり、それを最優先する社会とは、つまり動物以上の何物でもないということ。
●価値観は他人に強要できない。つまり政治に活用できない。
●コミュニケーションつまり社会生活のすべてとは、「人と人がどう関係したか」しか関係していない。つまり、それをどう思っているのか?とか、何を大事にしているのか?は、関係がない。
●法を増やしても、現状でその事項を守らない人は、引き続き守る予定がない。法とは、現状で守っている人をさらに拘束する効果が大きい。
●能力が現実を決めている効果は微々たるものだ。環境(状況)が多くを決めている。

それ以外にも多くある。さらに言うと、もっと具体的なものもあったが.. まとめてみて思いつく範囲で列記した。

以降は随時にしようと思う。


  1. 2009/05/04(月) 14:36:23|
  2. 自由主義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

55政党

Author:55政党
【一般市民の側から政治を考える】
政治家や専門家を向こうに回し、あくまでもそのシビアな内容に切り込むことを目指します。

フリーエリア

ランキングに参加してみました。たまにでも押してやって下さい!

人気ブログランキングへ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
お知らせ (1)
今日のニュース・話題 (82)
外交・世界 (20)
経済・財政 (45)
教育 (14)
雇用・労働・人事 (20)
行政・地方 (14)
国会・立法・政府 (18)
法律・司法 (6)
官僚・公務員・公的法人 (30)
世論・識者・議論 (104)
市民・国民・大衆 (18)
民主主義 (25)
日本大好き陣営 (4)
安全・安心・人権・平等 (11)
自由主義 (7)
政党・権力 (49)
政治家 (10)
成長・失敗・葛藤 (5)
目的と手段・心理学・アイデンティティ (7)
価値観・倫理・道徳・宗教 (5)
人生方面 (16)
日本スタイル (20)
存在・時間・機会 (4)
モーニング娘 (12)
映画ほか (9)
医療・介護 (6)
メディア (25)
企業・事業・ビジネス (18)

RSSリンクの表示

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。